跳んだり唄うような足跡で

働きながら世界を歩きたい

【アムリトサル】シク教についての個人的考察。

これ、ほんとに書きたかった記事です!
うまくまとめられるかわかりませんが、シク教の素敵さが少しでも伝われば!!!



今回シク教の聖地、アムリトサルを訪れて、初めてシク教の文化にがっつりふれました。


f:id:azm666666:20180509021630j:plain
夜のGolden temple。キラキラ!!


シク教シーク教)は、16世紀に詩人グル・ナーナクが始めた宗教です。
なのでインドでは比較的新しい宗教。


もともと私がシク教の人たちに抱いていたイメージは、質実剛健
ターバン巻いて、ひげ伸ばしてて、いかつい顔しててガタイが良く、小刀を腰に携えている。
一見とっつきにくいけど、誠実で割と信頼のできる人々と思っていました。
そしてお経が「グルグル」言っててかわいい…笑



そしてそのイメージは、半分合っていて、半分違っていました。



まずはみんながターバン巻いてひげを伸ばしているわけではないそうです。
菜食主義、禁酒禁煙が戒律で定められていても、肉食べる人は食べるし、酒飲む人は飲んじゃうみたいです。それは他の宗教と同じだなと思いました。

f:id:azm666666:20180509022821j:plain
現地で出会ったMy friends! みんなシク教徒です。




そして本当に素晴らしいなと思ったのが、シク教の社会はとってもユニバーサル。

男だろうが女だろうが異教徒だろうが、みんなお寺の中では髪を隠す必要があります。(ちなみにLGBTQも否定してはならない、とされているそうです)

ルールさえ守れば、誰でもお寺の本殿に入れてもらえます。
私の経験上ですが、そんな宗教なかなかありません。大体異教徒はシャットアウト。
ほんとこれは他の宗教も見習ってほしい。

f:id:azm666666:20180509023402j:plain
ただしめちゃくちゃ並ぶ。



さらに無料サービスがすごい。
24時間無料の給水所、食堂に加え、神様にお供えしている不思議な味のおやつ?も無料で分けてもらえます。
お寺の境内にも、寄付制の宿坊にも泊まれます。
もうずっとここで暮らそうと思えば暮らせちゃうレベル。


f:id:azm666666:20180509023940j:plain
境内の給水所(お腹が強くてよかった)

f:id:azm666666:20180509024239j:plain
食堂のご飯(おいしかったけどインド人いわく、ここのチャパティはいまいちらしい笑)



こんな相互扶助社会が成り立っているのは、シク教の成り立ちが関係してるのではないかと思います。


シク教は当初、インドの富裕層が改宗することで信者を増やしていったそうです。
カースト制や過度な苦行などを否定していて、当時のエリートたちには新しく合理的な考えに映ったのではないでしょうか。


改宗宗教だから誰にでも間口が広い。そして彼らは自分の意志で宗教を選んだことに誇りを持っている。
そしてお金のある人たちが積極的にお布施をして、それがきちんと貧困層まで平等に行き渡っている。


だからみんな満たされていて他者に優しい。
外国人だから異教徒だからいじわるしてやろうとか、悪意を向けてくる人はほぼいませんでした。(ちょっとはいました笑)



なんだか宗教というか社会のあるべき姿をみた気がしました。



というわけで今や私はシク教の大ファンです(笑)
私の拙い文章でこの素晴らしさが伝わったか自信がありませんが、少しでも興味をもってもらえたら嬉しいなと思います。



※追記※

なんとこの記事を、シク教徒のお友達が翻訳して読んでくれました!
ほんとに、素敵な時代だね!!


で、私があまりにも良く解釈しすぎていたようで、色々教えてもらったのでこちらで修正します。


まず、無料サービスによって、貧困層が助けられているわけでは決してない。そもそも貧しい人たちはここまで旅行に行くことができないでしょ、って教えてくれました。


それに宗教内のシステムは必ずしもうまく回っているわけではない。貧しい人を助けたいならお寺じゃなくて直接彼らに施しをするべきとも。
信心深く見えて、意外と現実主義な彼らの一面を見ました。


そして一番驚いたのが、シク教徒にもカーストが存在するそうです。
教義上は否定しているそうですが、そこはやはりインド社会。職業や教育もカーストで決められているそうです。平等じゃない社会に憤りを感じるとも言っていました。


ネットや本だけじゃ知れない現実ってやっぱりありますね。
一生勉強。もっともっとたくさん旅していろんな人と話がしたいとあらためて思いました。

Thank you so much, Shukar!


※※さらに追記※※

今日たまたま出会ったアムリトサル出身の人に教えてもらったのですが、Golden templeには1日1億2千万円もの寄付があるそうです。(聞いた話なので正確な数字かはわかりませんが…)

とにかく1日あたりのお参りする人数がすごいので、一人一人のお布施の額が少なくても、相当な数字になるのでしょう。

そこから無料の食べ物や、寺院内で働く人のお給料も出しているそうです。

またまた勉強になりました!!